2011年8月25日木曜日

書いちゃいけないとわかっていても復讐メール can't help writing back bitter email

メールとかテキストとか、文面だけのコミュニケーションは電話や直接会う以上に慎重にならないといけないよね。言葉の抑揚とかその場の雰囲気、相手の反応をみたフォローというのができないから、よく誤解が生じて関係を損ねるっていうことがあるじゃない?


昨日、ステューから久々にメールがあった。彼のメールは基本的に手短かなんだけど、昨日のはちょっと長かった。彼は気を遣う人なので彼のメッセージで特に不快に感じたことはない。昨日のメールも、罪悪感と親切心が表裏一体になった気持ちで書かれたもので、文面自体は丁寧なもの。

その内容っていうのが、こんなかんじ。

特にどうっていうことではないのだけど、メールしてみた。元気?会いたいんだけど仕事が忙しすぎて時間が取れない。しかも来週からしばらく旅行に出る。ゴルフしにイギリスに友達と行ったり、家族でフロリダに行くんだ。だからしばらく会えなくなるっていうのを伝えておきたくて。云々・・・
 このメールの後半には、次に会ったときはどういうことがしたいかが詳しく書いてある・・・。

まー、基本的にまじめな人だよねー。関係が切れないように先手を打っとくっていうの?マメだよー。メールの後半部分のリクエストは彼の屈折した欲望が書かれたのだけど、結婚生活で息が詰まってるっていうのが透けて見える。。。

で、こういうメール受け取ってどう思う?メール1本投げとけばつながる関係だと思われてるっていうのに、なんかモヤモヤしちゃったんですけど。やっぱさ、結局、優先順位が超低いんだよね。それはもう初めから分かってるんだけど、親切心で送ってきたメールを読んで、その現実を突きつけられるっていうのが皮肉。ステューは自分の状況を説明して、会いたいけど時間が取れないんだ、というのを彼にしては珍しく長いメールにしたためてて、自分では「俺ってこんなに思ってんだぜ」っていうアピールをしてるつもりなんだけど、それを受け取る僕にしてみると、全然、その効果が出てない。所詮、あんたの変えられない優先順位っていうのがあって、それは変えないまま優先順位が一番低い人に対する最大の思いやりってこの程度、っていうわけじゃん?

それっておらっちがヒネてるからなのかなぁ?でもさー、こういう状況でこういうメールもらって素直に喜ぶ第2夫人っているでしょうか?いないよねー。結局、陰の生活を虐げられてる身分をまざまざとつきつけられて悲しくなる。

彼のメールを無視しようかと思ったけど、数時間後、やっぱ返事出すことにした。「きーっ」ってならないように言葉を選んで書いたつもりなんだけど、チクッと言ってやりたい気持ちもあったりしてこんな感じに。

メールありがとう。後半に書いてあったご希望にはちょっと添えないなぁ。ステューってさ、意識的にか無意識的にか、自分のワイフとできないことを僕としようとしてない?それってcoolじゃないよ・・・。旅行に行くんだ。いいねー。そっちの状況はわかったよ。こっちはというと、テキサス出身の知り合いで、ずっと連絡取ってなかった人が、最近ロサンゼルスに戻ってきたって連絡があったんだ。彼、めちゃくちゃハンサムな26歳。しかも超デカイし。あと、ネットでも何人かと知り合って連絡取り合ってるから、最近多忙。なので、ぜーんぜん心配しなくていいよ。よい旅を。
 

かなり負け犬感が出ちまってる?自分ではヒガんでる自分をみせないつもりで精いっぱいのアピールだったんだけど・・・。何気に「あんたよりも若くていい男が見つかったから」って言うメッセージを入れて向こうがジェラシー感じるか試してみたり・・・。しかも一人の男だけじゃ気が済まなくって、複数人いるんだぜーっていう在庫一斉放出のアピール。ちょい嘘っぽかったか?でもそこは、僕が強がってこういうメールを書いてるっていうのを、ステューにどこか分かって欲しいという気持ちが出てたのかも。

このテキサス出身の人というのは、僕が1月ごろだったかブログで紹介したフィル君。実際、先週、久々にテキストをよこしてきた。その話をすこし膨らませてみたのだ。

そしたらステューから返事があって、僕のチクチク攻撃は全然効果がなかった模様・・・。「あ、そう。よかったな。そのテキサス出身のヤツとは3Pできないのか?」だと。反省の色なしっていうか、教育の余地なし。この返事来て超むかついて、「それはない」って一言だけ書いたメールを返しといた。さすがにこれには僕がイラッときたのは分かったと思うんだけど、もしかしたら分かってないかも。。。

10 件のコメント:

  1. あはは、どんだけ3Pしたいんだか(笑 しかしですねー、僕はなぜかステューさんからのTsuyoshiさんへの愛を如実に感じます。なんでだろう…わからない。だけど、なぜかたとえTyさんが第二夫人の立場であったとしても、どうしても優先順位が低いとは思えないんです。ズバリ、僕にはTyさんの優先順位が物凄く高く見えるし、優先順位がどうとか抜きにしてもTyさんはきっとステューさんにとってnecessaryです。色んな意味でね(笑 ステューさん、バイであることを公言しているわけじゃないし、家庭も仕事も社会的地位もある。だからどんなにTyさんのことが愛おしくても現状を変えてまでTyさん一筋になることは、相当難しいと言うか、不可能に近いのかもしれませんね。たとえTyさんと一緒にになること、それが本望だとしても。もしステューさんが家庭も社会的地位も捨ててまでTyさんと一緒になるってなれば、それはそれでhappy end なのかもしれませんが、現実はそんな三流恋愛小説みたくうまくいきませんよね。って、とにかく僕は正直Tyさんが羨ましいです。たとえ耐える愛でも、逢瀬を重ねる相手がいて。仮に僕の意中のMがステューさんの立場で僕がTyさんの立場だったら、僕は喜んで第二夫人を全うします。僕もMも自分の性的嗜好をオープンにしているわけじゃないし、それが互いに一番都合がいいように思えます。まぁ、Mがゲイと確定したわけでもなければ、僕がそんな重要なポストにつけるかも未定ですけどね(笑 相手がこれ程までに愛しい人なら、どんな境遇でも受け入れられるかも…え?fantasy ? lol

    返信削除
  2. リアルタイムだね。1週間お疲れ~。

    ホント、彼って妻とできないことを全部僕としようとするから3Pとかなんかスゴイ要求ばっかで嫌になる。ってそのことを正直にメールで伝えたけど伝わってないよね、きっと。

    ある意味、僕は彼が結婚生活で抱える欲求不満のはけ口になってんだよねぇ。そういう意味で、hectorさんが言うようにステューにとってnecessaryなんだと思うけど、次元が違うっしょ!?所詮、はけ口だし。

    僕も最初は彼がモロタイプだしセフレ関係だけでも続けばラッキーって思ってたんだけど、人間って欲深くできてるもんだよー。こういう関係でも続くともっと深い関係になりたいって思っちゃうんだよねぇ。よく考えると、これまで付き合ったイケメンたちも、結局それが理由でこっちが耐えられなくなって関係を終わりにしてるし。

    どんなイケメンでタイプの男であっても、こっちが要求度合を高めてそれに応えてくれないってことがわかると、いっそ別れたほうが精神的に楽、って思うようになっちゃう。好きになりすぎると辛いてやつ?hectorさんの純粋な「どんな境遇でも受け入れられる」なんていう気持ちを読んでると、自分ってほんとに嫉妬深くて欲深い人間だなぁって思う。。。

    返信削除
  3. どーも、ごぶさたしてます。

    嫉妬深いとかじゃなくて、Tyさんの反応が正しい反応なんですよ! 今回も、読んでいてステューさんへの怒りがふつふつと…。僕も過去に既婚ゲイと付き合っていたことがあるので、どうしても心穏やかには読めない…。

    正直、hectorさんの意見には真っ向から反対です。お互いにフェアな関係を築けない(築こうとしない)人は、恋愛関係を築く資格はないし、築くべきじゃないと思います。ここ、何度書き直して上手く言いたいことが言えないのですが、簡単に言うと、ステューさんは自分の義務を果たさずに、権利ばっかり、美味しいところばっかり取ろうとしているように思えます。そういう人が許せないという話です。

    >家庭も仕事も社会的地位もある。だからどんなにTyさんのことが愛おしくても現状を変えてまでTyさん一筋になることは、相当難しいと言うか、不可能に近い
    それだったら、初めっからこういう関係を結ぶべきではなく、家庭内で満足していればいいんです。

    >それが互いに一番都合がいいように思えます
    「都合」という言葉に、ものすごく心を乱されました。怒りの矛先をhectorさんに向けてもしょうがないので、どうして心を乱されたかは説明しません。

    ちょっとタイプから外れていても、自分を幸せにしてくれる人、自分を一番だと思ってくれている人と付き合った方がいいですよ。正論すぎて、反吐が出るでしょうか?

    返信削除
  4. 今日はお仕事お休みです。
    昼間は、ダ(=夫)とお笑いDVD見てガハガハ笑いました。
    アメトークってわかる?
    今週の日本の衝撃は、やっぱり「島田紳助、黒い交際で芸能界引退!」でした。
    会見、一見潔いいようで、まったく違うように感じました。

    tsuyoshiさんの気持ち、わかるよ。。。
    ステューさんとのことは前の日記でもあったね。

    >親切心で送ってきた
    そう思いたい気持ちも、とてもわかる。
    そして、そうでないことも、きっとtsuyoshiさんわかっているのね、きっと。と思いました。

    ステューさんは極めて、自分のことありきな方だと思います。
    ステューさんって私のイメージだと良くも悪くも、悪気の無い、明るく楽しい笑、そしてドライな方。

    自分都合の勝手なメールだけど、tsuyoshiさんのことが気になるのも事実だろうし、あと、キャラクターから、屈託無く許せてしまいそうなメールっぽそう。

    結婚生活で息が詰まっている事を共有するところなど、ズルすぎです!こういう共有って、なんか気持ちがこっち側に来てくれているよう錯覚してしまいます。

    あたしはtsuyoshiさんとご縁がありつながったので、tsuyoshiさんに元気でいてほしいです。

    なので、もしかしたら、tsusyohiさんのステューさんへの気持ちがどんどん強くなっているようなので、今回、ヤメ時ってことかもしれないよね。

    どんどん情が入っていくと、後々もっと辛い思いをすると気がする。
    (キビしいこと書いてごめんね。。。)

    tsuyoshiさんは、気持ちの主軸としては先を見据えたパートナーが欲しいと思っていらっしゃるので、
    そうでないスタートでライトなお付き合いと考えていても、そこに行きついちゃうかもしれないよね。

    勝手な想像ですが、tsuyoshiさんがしばらくステューさんと連絡を絶ったのち、気まぐれに「元気?」ってまた送っても

    (ス)「久しぶり!3Pやろ!」

    って言いそう(^-^;)
    そう思ったら、関係を絶つのも気が少しラクになんないかな。。。

    彼に深くを求めず、続けていけそうなら、アリかもしれないけど、
    でも、やっぱtsuyoshiさん辛くなりそう。。。
    いるって!イケメンは!他にも!


    tuyosshiさんのメールは、何かいじらしくて、せつない気持ちになりました。

    メール文だけの印象だと

    「かまってよ!プンプン!」

    ってヤキモチ的ニュアンスにも取れたの、
    もしかしたら(ス)は

    「なんだ、オレの事そんなにすきか♪そうかそうか(^-^)待ってろよーtsuyoshi」

    って思っちゃったかもしれませんね。

    何か、まとまりなく、キビしいこと言っちゃったかもだけど、ごめんね。

    >僕がイラッときたのは分かったと思うんだけど、もしかしたら分かってないかも

    分かってない可能性もあるけど、
    分かってて、スルーするタイプの人間もいるよね。

    何か、スは後者の予感もします。
    過去、去るものは追わない感じと、でも絶妙なタイミングでつなぎ止めるような術がすごいです。
    そういうカケヒキ上手な人って魅力的なんだけどね。

    最後は自分の決断なんだけど、
    オススメできない感じです。

    きっともっとtuyoshiさんを大事にしてくれる人がいると思います。
    tsusyoshiさんからの彼への思いは伝わるけど、
    スの行動からは、ス自身の欲望への思いしか見えません。。

    ス呼ばわりでごめんなさい。。

    返信削除
  5. あっ!

    さっき書いた超長いコメントがスパムってしまってるようです。。。

    確認してみてくださいませませ。

    返信削除
  6. もっちりさーん、calm down!なんか過去にあったんだねー。いやー、でも僕の気持ちを代弁してくれて嬉しかったですよ。

    ↓これ、まさに正論。

    >ステューさんは自分の義務を果たさずに、権利ばっかり、美味しいところばっかり取ろうとしているように思えます。そういう人が許せないという話です。

    >>家庭も仕事も社会的地位もある。だからどんなにTyさんのことが愛おしくても現状を変えてまでTyさん一筋になることは、相当難しいと言うか、不可能に近い
    >それだったら、初めっからこういう関係を結ぶべきではなく、家庭内で満足していればいいんです。

    ス(省略)の話を聞いてるとね、周囲は大学時代の親友10人くらいが密接に友達関係を築いていて、中には夫婦同士で一緒に旅行に行く間柄の人たちもいるわけ。もちろん全員白人ね。イギリスにゴルフ行くっていうのも、大学時代のフラット(同友会)の親友みたいだし。社会的に手に入れてるものが、まさにアメリカ社会での成功者、アッパーミドルクラスの白人層の理想なわけ。

    白人の妻と結婚して、そういう同じ背景の人たちとばかり社交してる。だから、夫婦の性生活に不満があってアジア人男と浮気してても、勝者のステータスを捨ててまで「本当の自分」を受け入れる価値がないっていう考え方なわけ。

    それは僕もわかるよ。僕だってもしゲイじゃなくってストレート(あ、バイね)だったら、普通に女性と結婚して、社会的に何の悪びれもなく(一見)幸せな家庭が築きたいもん。ちょっと夫婦の性生活に不満があって、それを仕事帰りの小一時間で処理できるんだったら、わざわざ夫婦生活を終わらせて、長年付き合ってきた友達関係・家族関係を壊す価値はないでしょう。

    失うものが大きいほど、人間は保身に走るという典型。

    >ちょっとタイプから外れていても、自分を幸せにしてくれる人、自分を一番だと思ってくれている人と付き合った方がいいですよ。正論すぎて、反吐が出るでしょうか?

    ↑これは正論すぎやわ~~。そうなれたらどんなに幸せかって思うけど、それこそそういう人と付き合っても、今度は僕がスみたいに浮気しちゃうと思うんだよね。自分を一番に思ってくれてる人をキープしといて、別の男と、って。そうなると、今度は自分が加害者になってくわけで、悪の連鎖が起きちゃうんじゃないかと・・・。こういうゲイも多いけどね。

    返信削除
  7. amemaさん、やっぱスパムってましたね。長文は引っ掛かるんだね。

    それにしても、amemaさん、なんで第2夫人の気持ちがそんなにわかるんですか?女性(&女性的な男性)ってやっぱり感度が高いんですねぇ。もしこれが国語の読解力問題だったら満点ですよ!「さて、ステューはどういう気持ちでメールを出したでしょう?」とか。

    ↓これとか、まさに起きそう。やつはこんな感じの人だよー。どこまでも能天気。

    >勝手な想像ですが、tsuyoshiさんがしばらくステューさんと連絡を絶ったのち、気まぐれに「元気?」ってまた送っても

    >(ス)「久しぶり!3Pやろ!」

    ↓これもー!

    >過去、去るものは追わない感じと、でも絶妙なタイミングでつなぎ止めるような術がすごいです。
    >そういうカケヒキ上手な人って魅力的なんだけどね。

    僕そこまで意識してなかったけど、amemaさんに指摘されて、「まーさーにー、そーやんけー」って思った。目からうろこ。こういう人間術(って言えるかな?)が上手い人っていいなーって思っちゃうんだよね。「あら、素敵」って。自分ができないからというのもある。きっとこういう巧みなカケヒキで連絡取ってきたら、だいたいの人はその術中にはまっちゃうんじゃないかなぁ。

    ↓これも、彼の術の一つだろうね。

    >結婚生活で息が詰まっている事を共有するところなど、ズルすぎです!こういう共有って、なんか気持ちがこっち側に来てくれているよう錯覚してしまいます。

    まー、浮気相手とは重大な秘密を共有してるっていう前提で成り立ってるから、どうしても共犯意識っていうのが生まれて、そういう「こっち側に来てくれてるような錯覚」っていうのが生じちゃうんだよね。

    でもおっしゃる通り、僕の限界が近づきつつある。前回だったか、ここで「俺ってどーすりゃいいの?」って聞いたら、だいたいの人が、「スとの関係を維持しながら、次の男を探す」っていう選択だったんだよね。僕も、まー、それが一番現実的な路線だと思って延命措置取ってきたんだけど、どうも僕にはそれすら無理だったみたいで、ヤツとの関係を終えないと次に進めないみたい。多分同じ軽さで関係を維持できるんだったら、ほーんと何の悪びれもなく続けられるんだと思うけど、こっちが好きになりすぎてるからね。このまま続けるのは僕の身が持たない。

    スとの関係を終わりにしても、また同じような男と同じような関係になっちゃうかもしんないけど、少なくとも最初の3か月くらいは新鮮な気持ちでいられるし・・・。全然解決策になってないけどね。(;-A-;)

    返信削除
  8. >なんで第2夫人の気持ちがそんなにわかるんですか?

    それはね。。。

    付き合ったら、二股されてた!でも、もうやめれない・・・

    って経験したからかな。

    彼は相手と別れて(婚約破棄。なんと結婚予定だった!)して、あたしの所にきたけれど、結局また浮気しただよ。。。

    ものすごく大好きな人だったけれど、結婚しなくてよかったと思う。しみじみ。


    >ヤツとの関係を終えないと次に進めないみたい。

    そうなんだよね。
    やっぱり、自分が納得しなきゃ次の恋にも身が入らないよね。

    あたしの経験上、1個思うのは、

    辛いとは思うけど
    「もしかしたら、この人とずっと一緒にいれないかも」
    と時々考えることは、心の準備や整理にもなるよ。

    好きだし、今は別れられないけれど、
    たまにそう考えることで、お別れの時には
    わりと現実を受け止められる気がします。

    想像もしていなくって、相手からいきなり言われる時って、
    耐えられないし、相当ダメージ大きいよ、人間ってさ。
    (tuyoshiさんの場合相手に言われるってシチュエーションではないだろうけど。)

    こうやってお友達の意見を聞いたりして考えてみるって、辛い部分もあるけど、tuyoshiさんにとってよいことだと思います(^-^)

    あと、父があたしによく言うんだけれど

    「相手の言葉でなく、行動を見ろよ。(行動で判断しなさい。)言葉は飾れるけれど、行動は事実でウソをつかない」

    ホント、そうなのよね。

    ある意味、(ス)はカケヒキ上手ではあるけど、欲望丸見えなので、分かりやすく、気持ちの整理をつけ易い相手かもと思います。

    もっと、欲望を隠しつつ、巧みに気持ちを揺り動かしてくる相手は要注意だよ。
    そういう時は相手の行動を見てね。

    あたしは、その二股・浮気された彼と、足かけ7年も付き合ったよ。
    周りに相談したらさ、「相談にはのるけど、でもやめろと言うよ」って言われてた(^-^;)

    まあ、やめれなかったさ笑。その時は。
    最後は自分で決断して意外とスッキリだったけど。
    だから、7年もかかっちゃったけど、他人に言われたからじゃなく自分で決めてやめてよかったと思う。

    ただね、けっこう視野が広くなった今だから思うことは、

    「もうちょっと、短い期間で判断してもよかったんじゃね!?タイムイズマネーだぜ!」

    ってちょっぴり思います(^-^;)

    今は、バカでおもろいダンナさんと、楽しく生活しているよ。
    バカ夫婦です。

    なんか自分の話でごめんね。

    返信削除
  9. tuyoshiさーんあのねー!

    長文につき、スパムってしまった!

    毎度でごめんね。

    確認よろですm(_ _)m

    返信削除
  10. 7年って、すごくないですか?僕はこらえ性ないから、どんなに好きでもそこまで続かんと思う。しかも、相手が婚約してたのを破棄させたって、すごすぎ。。。ドラマや~。

    まー、僕もスが離婚するくらい僕のことを好きって言うんだったら話は別だけど、それは絶対ないって本人が言ってるしね。彼は奥さんへ嘘を抱えたまま結婚生活を送り続けて、秘密を棺桶まで持ってくつもりなんでしょう。そういう人とは長時間過ごしても無駄だよね。

    >「相手の言葉でなく、行動を見ろよ。(行動で判断しなさい。)言葉は飾れるけれど、行動は事実でウソをつかない」

    おとうちゃんの言葉は奥が深いねぇ~。

    スの行動、っていうので僕の気持ちを惑わすのが、スのベッドでの行動・・・。なんかものすっごく情熱的で、それこそ言葉なしで「行動」で僕を惑わす。。。これも僕の判断を遅らせる要因でもあるんだよねぇ。でも、1年間、彼なりの方法で「愛して」もらえたから、もう次に行ってもいいかなって。これ以上、彼とは何もないって分かったしね。

    色々親身に相談に乗ってくれてありがとう。ちょっとずつだけど気分が楽になりそう。スが旅行から戻ってきたらメールするって言われてるんだけど、その時にもう終わりにしようって返事出すつもり。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)