2011年6月16日木曜日

過去の男から久々に連絡が来た時の対処方法って?

昨日、ジャドソンから数年ぶりにテキストメッセージが届いた。僕のブログを読んでる人で、すぐにジャドソンについて思い出せた人はえらい!ホント、3年ぶりくらい?


僕のブログにはかなりの頻度で登場してきたジャドソン。「ジャドソン」でブログ内検索すると、こんなに出てきます。彼と一番盛り上がってた頃に書いたブログは、2006年8月(Oh my god!)のカリフォルニア旅行記かなぁ。げげっもう5年近くも前・・・。

かりふぉーるにゃ旅行記 【土曜日編①】


かりふぉーるにゃ旅行記 【土曜日編②】


かりふぉーるにゃ旅行記 【土曜日編③】

かりふぉーるにゃ旅行記 【最終日・日曜日編!】

同僚の日系人女性に言い寄られて精子提供して彼が双子の父親になったっていうのが、ちょうど僕がLAに引っ越してきた3年前くらい。そのときのブログがこれ。それの少し前に、何人かの女性に精子提供して人工授精にチャレンジしてる、っていうカミングアウトをジャドソンがしてきたときのブログがこれ。2008年4月かぁ。

あれだけ仲良かったジャドソンだったけど、子供ができたというのと、僕がLAに引っ越してきたのが重なった時期あたりから音信不通になってきて、それについて僕が愚痴ってた2008年9月22日付のブログがこれ。マジ、僕ってなんでもブログに書いてきてんだね・・・。もう私生活から心の叫びまで赤裸々すぎて痛い・・・。

そう、かれこれ3年近く連絡取ってなかった相手から、突然、「どうしてる?」ってテキストが来るってどういうこと?過去には、元モルモン教徒のけちけち弁護士デービッドから1年ぶりに電話がかかってきたこともあったなぁ~。

実は、偶然にも、東海岸でf/bだったウィリアムからも、今週IMメッセージがきてた。「久しぶり」って一言。それが2日連続で入ってて、こっちは無視。やつはクセモノで、とにかくヤルダケの関係だったわりにしつこく連絡取ってくるやつ・・・。僕もやつのカラダとそのサバサバした(オラオラ系?の)性格にハマってしまって(1年くらいのブランクを挟んで)5年以上は関係が続いてた。一度、「ボーイフレンドの関係になりたい」って話したことがあったけど、「僕はそういうのもういらないし興味ない」ってバッサリ断られた経緯がある。。。ouch!ありゃートラウマっすよ。

ウィリアムは僕がLAに引っ越してからも、1年に1回のペースくらいでIMを送ってくるんだよねぇ。もうすべて無視してるんだけど。でね、過去(まだ僕が東海岸にいた頃)にやつのメールアドレスを調べたら、なぜかシアトルで日本人男性が経営するビジネスの問い合わせ連絡先としてウェブサイトに載ってんの。なんでや?

僕が思うに、その日本人は、ウィリアムの元恋人なんじゃないかなぁと。やつがシアトルに住んでたとは知らんかったけど、昔SFには住んでたって言ってたし、シアトルに現地妻(しかも日本人)がいたとしても不思議じゃない。でもその人のビジネスの問い合わせ先として、当時、すでに東海岸に住むウィリアムのメルアドが掲載されてるっていうのが、奥が深そう・・・。ウィリアムって、そのメルアド使ってデートサイト利用してるし・・・。公私混同、みそもくそも一緒っつーか、なんつーか。

このシアトル在住日本人の人、僕のブログ読んでたりしないよね?!過去に僕のブログのせいで浮気がバレたカナダ人がいたからなぁ・・・。この世界、狭いっすよ、まじで。目指せ人間交差点?

そういうグチャグチャなことがあるんで、いまだに連絡よこすウィリアムだけど無視することを誓ってるのです。はい。

で、ジャドソンはというと、ウィリアムみたいに軽薄な人じゃないんだけど、彼にもライフパートナーみたいな台湾人のカレがいるらしい。だけどカレは仕事のせいでカンザスに住んでるとかなんとか。10年以上つきあってて遠距離だけど、もうライフ・パートナーみたいな関係?よーわからんけど、僕がジャドソン宅に滞在してたときも夜、台湾人のカレから電話がかかってきて二人で中国語で話してたし。こっそりのぞいたジャドソンのデジカメにも、見知らぬアジア人を連れたジャドソンや、別のアジア人・白人のゲイカップルと4人で夕食を取る姿が写ってたりしたし。

まーそれを承知の上で割り切ったfriends with benefitの関係を受け入れてたわけだけど、僕がLAに越した途端に疎遠になったジャドソンにこっちも冷めたっていうのがあるから、僕の方からも追いかけなかったんだよねぇ。まー、その程度の人だったってことだよね。彼から身を引くように疎遠になっていったっていうのは、「もう僕のlifeは定員オーバー」っていう彼からのメッセージだったんでしょう。

それで3年後にテキストかぁ。テキストの内容はたいしたことなくって、「元気?どうしてる?こっちは全然変化なし。赤ちゃんは大きくなったよ」ってそれだけ。

昨日、数回テキストをやり取りして、今朝、また2通テキストで「で、どう?元気なの?」ってメッセージが来てたけど、それには無視して返事してない。

どうせ気まぐれでメッセージだしてきただけだろうし、もう互いの健在ぶりは確認できたわけだから、もう十分かなって。

でもさー、なんで1年ぶりとか3年ぶりとか、相手の気持ち考えずに簡単に連絡が取れるんだろうね。しかもウィリアムには東海岸にはもう戻らん!って何度もいってんのに、「学校卒業したんだろ?戻ってくるんだろ?」ってあんた、たとえ戻ることにしても、てめーに連絡取る筋合いじゃねーし。

そもそも、どういう経緯で連絡取らなくなったとか考えないのかね?もしかすると自分が相手のことを傷つけてしまってるかもって、露にも思わないんだろうね、こういう男たちは。久々に連絡もらって嬉しかったです、はい終わり、で済むとでも思ってんのか?

今さら「友達」になれるような関係でもないしさ。かといってより戻す、っていうのでもなし。戻すどころか、最初っからまともな付き合いじゃねーし。

あー、さっさとボーイフレンドみつけてラブラブな生活を手に入れたい。でもって、こういうたまに連絡よこしてくる男どもに「今はボーイフレンドとラブラブです~」って二人の写真付けて送り返してやりたい!

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)